gurafu

表を作って努力と成果を一目瞭然に!目で見てやる気度UP!!

 

私は中学生の頃ぽっちゃり体型でした。

「思春期だしそれくらいが普通だよ、いっぱいご飯食べなさい」と母に言われるままろくに運動もせず食べ続け…

 

そんなことを言い聞かされていたのもあり、自分が太っていることにはまだ気づいていませんでした。

 

プリクラで自分の体型に初めて気づく・・・

 

太っていることに気が付いたのは、友達とプリクラを撮りに行ったときです。

 

アップではなく引きで全体が写る構図で撮ったのですが、出てきたプリクラを見てぎょっとしました。

 

制服姿で撮ったのですが、脚が…!太ももがすごく太い気がする…!!隣の友人と比較すると2倍あるのではというくらいの太さでした。

 

いつの間にこんなことになったのか…と落ち込み、その日から色々なダイエット方を試すことにしました。

 

ダイエットを決意したものの・・・

 

まず始めたのはテレビ番組で紹介されていた昇降ダイエットと炭水化物抜きダイエットです。

結果は…失敗。

続けるには挫けない強い意思が必要でした。

ランニングなどに比べれば全然ましなのですが、それでも昇降法は疲れました。

 

数分はいけるのですが、少し長めの時間やると脚が痛くなってしまい、次第にやらなくなってしまいました…。

 

炭水化物抜きも続かなかったです。

こっそり食べてるうちに元の食事に戻ってしまいましたね。

何より親にしっかり食べないとだめと怒られてしまいました。

 

筋トレは無理せずやる気のある時だけ

 

次に試したのがストレッチと軽い筋トレです。

 

眠る前にベッドの上で、座って上体伸ばし、そのまま開脚して伸ばし、さらにあぐらをかいた状態で…。

 

あとは背伸びをして深呼吸、スクワットというそれぞれの行動を10回、しっかりと呼吸をしながら行いました。

 

筋トレは腕立て・腹筋・背筋をできる範囲で、やる気があるときだけやり、○回以上!という制限をつけませんでした。

 

表を作り成果を書き込むと不思議なことに・・・

 

自分で模造紙に表を手書きし、ベッド横の壁に貼りました。

日付、ストレッチ、腹筋、背筋、腕立て、体重と書き、今日は腹筋をすごく頑張ったと思えばその日のマスには◎、腕立てがあまりできなかったら△、背筋が全くやれなかったら×、更にその日計った体重を同列に書き記します。

 

それを続けていくうちに、昨日は×や△ばかりだったので今日は◯印つけよう!などと不思議とやる気が湧いてきました。

 

更に記していった体重が少しずつではありますが着々と減っていってくれたのです。

それが嬉しくて、頑張れました。

 

結果的には2ヶ月程で50㎏から43㎏に落とすことができました。

私の場合暴飲暴食をしていたわけではなく、単に運動不足でした。

 

また太ももへの肉付きが目立っていたため、脚をほぐすストレッチがより有効だったのかなと思います。

 

必ず毎日目にする位置に、努力した形跡とそれに伴う結果を残すというのもやる気を出す原動力になったと思います。

 

無理をせずコツコツというダイエットが成功しやすいのかもしれません。