udetate

筋トレを長続きさせるにはツラくならない範囲で!!毎日コツコツが重要!

 

私は2年前まで、身長168センチで体重は85㌔ありました。 

洋服を買いに行って気に入ったデザインの服があっても合うサイズがないこともありました。 

 

特にバーゲンの時など悔しい思いを幾度となくしました。 

見た目も悪くデブだとバカにされいい事など一つもありません。 

 

健康診断でも医者から痩せなさいといつも注意される始末です。健康そのものなのですが。 

しかし食べる事が何よりも好きで、一日5食、朝、昼,晩、晩、夜中とおやつを気が向いた時に食べていました。

 

早死にする?危機感から一念発起!

 

しかしこのままでは早死にすると人から言われ、まじめな私は一念発起し、ネットでいろいろ調べ、体重を減らすには、筋肉量を増やし、基礎代謝を高め消費カロリーを増やして食べても太らない体にすればよいと突き止めました。

 

筋トレするにも続かなければ意味がありません。 

 

無理なく、そして私の様な中高年でもできる筋トレを探し、とうとう簡単で、激しくもなく、長年続けられる筋トレ方法を見つけました。 

 

腕立て、腹筋、スクワットをあまり負荷をかけずに!

 

まずやるのは週3回、腕立て5~10回(これは体力に合わせ床でなくても、立ったまま壁に手をついて行ってもよいのです。) 

腹筋5~10回(これも出来なければ、床に寝たまま足だけ上下に上げ下げしてもよいです。)

そしてスクワット5~10回(これも出来る高さまで腰を降ろせばいいです。) 

 

これを3セット。

 

腕立ては、わきを閉め、腕は、肩幅ぐらいに開きます。 

腕を曲げる時はでききるだけゆっくり、時間をかけ息を吸いながら行います。 

伸ばすときは逆に息を吐きながら行います。 

伸ばすときは早くてもかまいませんが、トータルで7~8秒かけます。 

 

腹筋も同じで、体をおろすときゆっくり、トータルで7秒かけてください。 

 

スクワットもおなじように下がるときに意識を集中して、トータルで7秒以上かけてください。

 

 

ゆっくりな動きで筋肉に効かす!

 

ゆっくりが大切です。 激しい運動や、何十回もやる必要はありません。 

無理な筋トレは長続きしません。 

 

家事や、育児、お仕事を持ちながらやるにはこれぐらいがちょうどいいのです。 

 

スポーツ選手や学生さんの部活動ではないのですから、時間的にも体力的にも私はこれで1年ほどで筋力がつき、体重も減り、今は65キロ前後になりました。

食べても太りりにくい体質にもなりました。 

 

今は健康そのものです。 

服も普段はLサイズを着ていますが、Mサイズの場合もあります。

 

ひとつ気をつけることは、けがのないように筋トレの前にストレッチを充分にすることです。

 

私はこれで減量に成功しましたし、今だに継続できています。