futoru

30代過ぎてからの筋トレ体験談

 

30代過ぎてからの筋トレ体験談

 

私の筋トレ体験談をご紹介します。30代を過ぎると共にお腹周りの肉が目立つようになり、体重も増加していきました。体重67kgを高校時代からキープしていましたが、30歳からの3年間で体重が約10kg増加しました。

 

平日はお昼休みにキャッチボールをしたり、休日はジョギングで体を動かしていましたが、それでも体形が崩れてきた為、本格的に筋トレを実践することにしました。

 

家庭サービスで時間も取られ、お小遣いもない中で実践した方法

 

平日の帰宅時間は20時を過ぎてしまい、休日は家族サービスで時間を割かれますし、少ないお小遣いで日々の生活をやりくりしているので自宅若しくは極力お金を使わないで可能な筋トレメニューを考えました。

 

最初に考えたのは大きな筋肉をシェイプアップすることです。高校時代まで野球をやっていましたのでその時と同じようなメニューを考えました。

 

腹筋100回×3セット

背筋100回×3セット

腕立て伏せ30回×3セット

スクワット100回×3セット

 

を日課でやるようにしました。筋トレだけに集中しようとしても飽きがきてしまうので、音楽を聴いたりテレビを見ながらメニューを消化していきました。

 

週に一度だけ、スポーツセンターのジムを活用した筋トレ

 

また、週に一度は会社の先輩とスポーツセンターのジムで水泳と、自宅でできない器具を使用した筋トレを行いました。水泳ではクロールや平泳ぎ、また、器具を使用してアームカール、ベンチプレス、ショルダーカール、スクワット、レッグプレスを行いました。

 

筋トレの開始当初は筋肉痛がヒドクて非常に大変でしたが、1か月を過ぎると体も慣れてきて体型もシェイプアップされていくようになりました。

 

1ヶ月後、果たして結果は?

 

気になっていたお腹は以前のような腹筋が割れた状態を取り戻し、上半身は逆三角形の引き締まった体に、そして下半身も脂肪が削がれて引き締まった体を手に入れることができました。

ここで満足して筋トレを終了してしまうと元の体型に逆戻りしてしまうのは分かっていましたので、継続的に筋トレをするように心掛けています。

 

更に食生活も大幅に見直しを行い、以前のような肉中心から野菜中心の生活に切り替え、食事量も落とし、咀嚼回数を増やしました。

 

また、ストレッチも重視し、お風呂あがりには入念に柔軟を行いました。ここまで自己管理を徹底していくとそれが習慣化されるようになってきましたし、更に良い体を作りたいとの欲求も出てくるようになりました。

 

お金がない人は、ひとりライザップだ!

 

お金が無くてライザップのようにお金を掛けられない方は一人ライザップで引き締まった体を手に入れましょう!