kazoku

ダンササイズで家族がひとつに

 

子供が中学生になっても、産後太り?が解消せず、ぽっちゃりしたままだったので、イージー・ドゥ・ダンササイズのDVDを購入して痩せることにしました。

 

痩せるか痩せないかの分かれ目と実感し・・・

 

痩せたくなったきっかけは、子供と一緒に出歩かなくなったことです。

小さな子供を連れていれば、多少、ぽっちゃりしていても、微笑ましく見えるものですが、私のようなおばさんがドデンと一人でショッピングをしていても可愛らしくは見えないものです。

 

もしかして、ここが痩せるか痩せないままかの一生の分かれ目かも!と実感したのです。

美魔女のように美しくはなれなくても、慎ましく清潔感のあるおばさんでいたいと思ったのです。

 

娘が参加しさらに楽しくダンササイズ!

 

絶対に痩せると心に決め早速DVDを購入しました。

馴染みのある曲で馴染めないダンスながらも、楽しく踊ることができました。

 

私が自宅で、踊っていると、中学生の娘が「実は、私も痩せたかったの」と参加するようになってきました。

 

夜のお風呂上りに二人で毎日、ダンスをする日々が続きました。

汗がダラダラと出て、もう1度、シャワーをします。

 

2人で毎日、部活のような日々で、キャッキャッと言いながら踊りました。

上手くなかったダンスも、ステップを覚え、1ヶ月経つと、2kgが減少していました。

 

さらにさらに夫も参戦(笑)

 

そんな2人に影響されたのか、主人が参戦してきました。

主人も90kg以上ある巨漢で、病院からいつも痩せてくださいと言われています。

 

私達2人の仲良さが羨ましかったのでしょう。

 

サムとは程遠い主人ですが、苦手なダンスも息が切れ切れになりながら、がんばっていました。

結局、体重としては、2人で始めた時に2kg痩せただけで、その後の大きな変化はありませんでした。

3人ともスタート時点は、痩せることに意識をして、ダンスに熱中していましたが、次第に「そのやり方、可笑しい!」としゃべったり、途中で止めてしまったりするのが原因でした。

 

ダイエットこそ成功ではないが、家族の絆を再確認

 

その後、次第に続かなくなり、主人が参加してわずか2週間で、踊らなくなってしまいました。

本気要素が足りなかったのかもしれません。

 

良かったのは、親子の時間が持てたことです。

 

親子3人が毎日、イージー・ドゥ・ダンササイズをすることで気持ちが1つになり、ダイエットに取り組めました。

娘も体の大きな主人とのダンスの時間を楽しみにしていたので、家族仲良く、ダイエットに励みたいです。

本気で痩せたいなら、ダンスDVDでのダイエットは、1人で取り組む方が良かったのかもしれません。

 

しかし、家族がみんな本当は、痩せたかったのだと実感することができたので、今度は、食事を意識して健康的に痩せるように取り組みたいなと思っています。