tuukin

通勤ダイエット

 

社会人となって2年目。

体重が学生時代と比べ6kg近く増量してしまったこと、そしてお気に入りのジーンズが履けなくなってしまったことをきっかけにダイエットすることにしました。

 

運動不足からの体重増加

太ってしまった原因を自分でもはっきりと理解しており、その原因に対処することでダイエットをしようと私は考えました。

太ってしまった原因、それは「運動不足」です。

 

学生時代はずっと運動部に所属していた私は、ほぼ毎日といっていいほど体を動かしていましたが、社会人となった今は日中デスクの前に座りっぱなし。

食べる量は少し減ったにも関わらず、体重は増加傾向。

そんな私は、昔の体を取り戻すためには、食事制限で摂取カロリーをコントロールするというよりも、運動で体を引き締める必要があると考えました。

 

通勤ダイエットを取り入れることに

しかし、社会人となった今は学生時代よりも時間がなかなか取れません。

そこで、以前何かの雑誌で勧められていた通勤ダイエットを取り入れることにしたのです。

通勤時間に運動を取り入れるダイエットということですが、私は自転車で運動することにしました。

 

私の家から職場までは車で約20分ほどの距離にあります。

私はダイエットのために、毎日車で通っているその距離を、自転車で通うことにしました。

 

まずは自転車通勤のために街乗りも可能なクロスバイクを購入することから始めました。

最初の一週間はやはり足への負担が多く、筋肉痛にも悩まされましたが、1ヶ月もすると体も慣れ、すいすいと足が動くようになりました。

 

毎日クロスバイクで通勤した結果

そして、自転車通勤を1ヶ月続けると体への効果を実感しだし、お腹が以前よりもへこみ、なんと体重が3kgも減少したのです。

 

食事制限は特に行ってなかったため、自分でもこれほど痩せることを想像していませんでした。

半年ほどで6kg近く落ちたと思います。

 

結果として、以前の私と同様の体形に戻ることができたのです。

ただ雨が続く梅雨の時期は、正直なところ自転車で通勤することが嫌になりましたが、自転車用レインコートでなんとか踏ん張りました。

 

そんな私が自転車に乗っている際に気をつけていることは、姿勢を正しくして、自転車を漕ぐスピードを一定にすることです。

姿勢よく、そして一定スピードでペダルを踏むことで長時間自転車を漕いでも疲れが少ないことが分かりました。

長期間続けられているのも、正しいフォームで、一生懸命になりすぎていないからだと考えています。

 

今は以前と同じくらいの体重に戻りましたが、現在も自転車通勤を続けています。あと何キロかの減量を目指し、これからも自転車に乗り続けていこうと思います。