egg

動物性プロテインと植物性プロテインのメリット・デメリットの比較!

 

①動物性プロテインの特徴(メリット・デメリット)は、何ですか??

②植物性プロテインの特徴(メリット・デメリット)は、何ですか??

③どちらが、良いのですか??

 

  • 動物性プロテイン特徴

即効性がある

筋トレ直後に向いている➡吸収が速いため

逆に就寝前などには不向き

 

  • 植物性プロテイン特徴

持続性がある

就寝前に向いている➡吸収が穏やかなため

逆に筋トレ直後には不向き

 

どちらも用途によりますがいい製品です

上手に使い分けるとより効果を発揮すると思います

 

動物性プロテイン・・・ホエイ ビーフ エッグなどがあります。有名なところでいうとホエイになりますでしょうか。

 

植物性のプロテイン・・・

ソイ ライスなどがあります

ホエイが消化吸収もいいとされ、一番優れていますが乳製品なのでアレルギーの人には不向きです

植物性が特に優れているとは思いませんが、ベジタリアンやアレルギーなどで動物性タンパク質が摂取できない人には助かります

宗教的な理由もあるかもしれません

 

どれがいいというより、ホエイがダメな人のために開発されたのが他のプロテインだと認識するといいかもしれません

 

動物性たんぱく質食品と植物性たんぱく質食品の3つの違い

ひとつめははアミノ酸スコアの違いです

人間の体は基本動物なので組成は動物のほうが似ています

なので必須アミノ酸の組成が動物性タンパク質食品のほうが、人間の体に必要な組成比に近く、これをアミノ酸スコアでは100としています

これに対して植物性タンパク質食品ではどれだけ人間の体と異なるかを反映する形でアミノ酸スコアが下がるのです

 

ふたつめはコレステロール含量です

動物性タンパク質食品は高コレステロール含量なのに対して、植物タンパク質食品はコレステロールを含まないのです

ですから、基本的に植物性タンパク質食品は過剰なカロリー摂取によって自分自身の体が作るコレステロール合成のみを考えればいいのです

 

みっつめはカロリーあたりのタンパク質含量です

鶏ササミやホエイのような高タンパク質食品の場合、カロリーは少ないのにタンパク質がしっかり摂れます

それに比べ、植物性タンパク質食品の場合せいぜい10kcal/gタンパク質です

しかもアミノ酸スコアが悪いので、けっきょくはカロリーにいってしまい、健常人の場合はダイエットには植物性タンパク質源よりも動物性タンパク質源のほうが適しているということになります

 

おすすめのプロテインはこちら!